3つのあり方みっつのありかた
Values

プロジェクトを行うときに、何をやるかは様々でいいのだけど、そのときのあり方は大切にしたいと考えています。
あり方さえ大切に出来れば、人生は豊かになるんじゃないかなと信じています。

01

ぶっちゃけること。

人と組織、創り手と買い手、都市部と地方、どこの間にも、コミュニケーションの溝があります。
この溝が少しでも埋まり、お互いを理解し合えることが拡がれば、全体の豊かさは増えるのではないかと考えます。

組織も、創り手も、買い手も、都市部も、地方も、全部人が担っています。
そこで、本音で自分も相手も受け入れる「ぶっちゃけ!」というスタイルで、人がどういう背景で何を考えているのかを理解しあえるフォーマットを使い、互いのストーリーに触れることから、当社の事業は始まっていきます。
さらに、「ぶっちゃけ!」を出来る、「ぶっちゃけーたー™」が増えていくことで、世の中の課題解決の担い手が広がっていきます。

ぶっちゃけ!の詳細はこちら

02

多様ないろを
うけいれ、
あわせること。

個々人の魅力は誰かがこうだと決めつけることはできず、見る角度によっても様々です。最終的には、自分自身で見出し、自信持てると素敵ですよね。

一人ひとりの魅力や考え方や個性を「いろ」と呼んだときに、そのいろを尊重し、いろの再発見をし、そのいろが、より輝けるような場や機会を提供すること。それがいろあわせのやっていきたいことです。結果として、一人ひとりが自らの人生に誇りと自信を持って、昨日よりちょっとでもワクワクする今日が送れるようになれば素敵ですね。

そのためには、「否定しない」ってことが大切です。
まずは相手の話に耳を傾けてみる。

03

今を思いっきり、
大切にすること。

毎日頑張り続けるとか、無理。ゆるくてもいいじゃないですか。
ただ、ゆるい時間も自分で選択した、自分の積極的な妥協の結果。

意識の有無に関わらず、自分が大切にした何かが必ずそこにあるはずなので、ゆるい=負けでもしょぼいでもなく積極的な産物です。今大切にしたことに向き合えると、自然にワクワクする瞬間が増えていくんじゃないかなと。もちろん、アクセル踏み続けることが楽しい人は、思いっきり毎日走りきれば、それもまた素晴らしいです。

積極的な妥協がただのワガママにならないためには、人を頼ることが大切だとも考えています。自分の妥協がもし誰かの負担を増やすことになるなら、全力で感謝し、次は自分が頑張れるときにその人の分を思いっきり背負えばいい。その関係を創るためにも、まず出来るときに思いっきり相手にGiveすることかもしれません。